肌は、冒頭から「素肌」「真皮」「皮下構造」という3範疇構造になっている

冒頭から次にある真皮は、肌を内側から助ける土台に達する部分です。ここには、丈夫で分厚い「コラーゲン線維」が網目状に張り巡らされている。「コラーゲン線維」が交差する部分は、弾力のある「エラスチン線維」が敢然とつなぎ止めるため、素肌を以下から支え上げ、肌のハリやハリを維持している。

そして、コラーゲンとエラスチンのマイナーを埋め尽くすヒアルロン酸は、肌のうるおいを保つ役割を担っている。こういう3つの成分は、真皮に存在する「線維芽細胞」によって生み出されますが、線維芽細胞の思いの丈が衰えると、コラーゲンなどが変性したり、減少したりして、ハリやハリの減少へとつながります。

このため、これらの線維の嵩が減ったり、変性したりすると、ハリやハリが低下し、重力によって皮膚が垂れ下がり、たるみが生じてしまうのです。

老化以外にUVや乾燥などの誘惑もハリ減少の動機に

コラーゲンやエラスチンのクォリティーを減少させたり、減少させたり始める要素には、次のものがあります。

老化

コラーゲンやエラスチンは、真皮に生じる「線維芽細胞」によって生み出されますが、年齢を重ねると、線維芽細胞の頻度や繋がりが衰えてしまいます。

UV

UVは、素肌を透過して真皮にまで届き、コラーゲンを傷つけたり、エラスチンを変性させる酵素の分泌を促したり行う。

乾燥

素肌の一番上には、外的刺激が肌当事者に侵入するのを防ぐ妨害として機能する「角質層」があります。肌が乾燥すると、こういう角質層の妨害役目が低下する結果、UVの力抜けを著しく受けるようになります。コチラ